シニア未来のーと >備忘録

伝える

資産
  1. 資産メモ

    資産一覧や保管場所、もしもの時はこのメモを参考にする。
    不動産については、固定資産税・都市計画税の納税通知書を参照する。
    負債については、返済予定表を参照する。

    資産名 備考 保管場所
    不動産 番地、面積㎡ 権利書、登記識別情報
    負債 金融機関、支店名、口座番号 返済予定表
    現金・預貯金 金融機関、支店名、口座番号 通帳、印鑑、カード
    有価証券 銘柄、株数
    年金 配偶者や遺族に支給されるか? 年金証書
    生命保険 保険名、保険番号、金融機関 保険証書
    火災地震保険 保険名、保険番号、金融機関 保険証書
  2. インターネット上での銀行口座や証券
  3. 死後の事務手続き

    葬儀社を決めると、葬儀社が市役所への書類や葬儀手配、火葬の予約などを行なう。
    不動産登記や遺産分割協議書は、行政書士に依頼する。
    死亡時までの準確定申告、相続税申告は税理士に依頼する。

身辺整理
  1. 家系図、親族の構成
  2. 保有カード

    カードの有効期限や連絡先

  3. パソコンデータ

    パソコンを形見分けする場合は、各種パスワードも必要
    データはUSBメモリやDVDで残す。

  4. インターネット利用一覧

    ブログやSNSなどが死後も放置されることのリスク

マイカルテ
  1. ホームドクター
  2. 人間ドック
  3. お薬手帳
  4. 既往症

託す

  1. 遺言書、遺産分割協議書

    遺言書には、自筆証書遺言と公正証書遺言がある。
    遺産分割協議書は、不動産や預貯金、株式などの名義変更手続き、相続税の申告に必要となる。また正確な記録を残して、あとで無用なトラブルが起きないようにする。

  2. 伝えたいメッセージ

    家族に残す言葉(大切な人へ)
    友人リスト(もしもの時に連絡してほしい人)

  3. 形見分け
  4. デジタル遺品

    もしもの場合に備えて、自分のデータの扱いをあらかじめ決めておく。
    自分史のフォトブックやフォトムービーは残したい。

後見人
  1. 病気になったとき
  2. 認知症になったとき
  3. 終末期宣言
葬儀
  1. 宗派
  2. 菩提寺
  3. 遺影

    写真データや写真プリントは遺影用に複数用意、遺族が選択