Wed >画像 >画像の基本

ホームページはテキストと画像で表現されています。その画像制作に必要な知識や色彩の基本を取り上げます。

画像の基本

ホームページの画像

ホームページは文字と画像で表現されています。ホームページはHTMLで記述されているテキストファイルです。文字はテキストですから、HTML内に直接記述されます。ただし画像はバイナリファイルですから、HTML内に含めることはできません。画像は「imgタグ」を使って、HTML内に外部ファイルを呼び込むパスを記述します。

XHTMLの記述:<img alt="" src="パス/画像ファイル名" />

画像はデータの形式から「ビットマップ形式」と「ベクター形式」の2種類があります。

ビットマップとベクター

画像を扱えるソフトウェアでは、ビットマップ形式を編集する「ペイントソフト」、ベクター形式を編集する「ドローソフト」と呼ばれます。写真の画像処理である「フォトレタッチ」は、ペイントソフトに分類されます。ペイントソフトには、Windows標準のペイントやMacPaintなどがあり、ドローソフトにはAdobe Illustratorや MacDrawなどがあります。WordやExcel、PowerPointには、図形や描画のための「ドローツール」が組み込まれています。

ホームページ作成で用いられるグラフィックソフトでは、ビットマップ形式もベクター形式も扱うことができます。Adobe Fireworks、Microsoft Expression Design、ホームページビルダー付属のウェブアートデザイナーなどがあります。

GIF、JPEG、PNG
GIF JPEG PNG8 PNG24 PNG32
特徴 イラスト
アイコン
写真 イラスト
アイコン
写真 透明度
色深度 8 bit 24 bit 8 bit 24 bit 24+8 bit
色数 256色 1670万色 256色 1670万色 1670万色+アルファチャンネル
圧縮 可逆圧縮 非可逆圧縮 可逆圧縮 可逆圧縮 可逆圧縮
透過 透過1色 透過256色 アルファ256色
アニメーション アニメーション

▲ページの先頭へ